ホワイトニングリンク 診療案内リンク お問い合わせリンク 風の便りリンク リンクページリンク トップリンク
風の便り

2003.9月
2003.9.30火曜日
今日で9月が終わりました。後にも先にも2003年の9月はもう戻ってきません。こんな風に考えると、一日一日がとても貴重に思えます。そして、自分にとって貴重なこの一日は、共に生きている他人にとっても、とても貴重な一日であることに気づかされます。であるなら、自分の時間と同様に他人の時間も大切に考えてあげなくてはいけません。
縁あって岡沢歯科に来られた患者さん、そして働いてくれているスタッフが充実した時間を過ごすには どうしたらいいのでしょう。
治療を受けていらっしゃる間は別として、待合室で待っていらっしゃる時間、この時間を有意義に過ごしていただくように心がけていきたいと思います。
お時間をお約束させていただいていても若干ずれてしまう時があります。この時間に、歯に関する啓蒙の資料や、情報などを提供させていただいたり、岡沢歯科のホームページをご覧になっていただいたり、新聞や雑誌を読んでいただいたり、音楽を聴いてリラックスしていただいたりと、充実した待合室の空間作りをしていきたいと考えています。
また、スタッフも、岡沢歯科で働いている時間が自分の成長につながっていくよう、院長共々前向きに取り組んでいきたいと思っております。

2003.9.29月曜日
夕方、お勤めが終わり、高松市内から帰って来られる患者さんたちがいらっしゃいます。三木町まで帰るのに ラッシュ時となると どんなに急いでも5時半は過ぎてしまいます。
岡沢歯科は6時まで受付をさせていただいていますが、今日も、そんな患者さんが申し訳けなさそうに入ってこられました。お困りなのは、患者さんご自身なのに、私共の方に気を使って頂いて、却って恐縮してしまいました。
どうぞ、お気を使われませんように。私たちは、少しでも皆様のお役に立てたらうれしいのです。そして、患者さんの痛みや不快感や悩みが取れて、質の高い生活を送ってもらうことが私たちの幸福でもあるのです。
「楽になりました。」という、患者さんの言葉を聞くと、私たちは自分のことのように うれしく思います。
岡沢歯科にご縁のある皆様の歯の管理をさせて頂くことが私たちの使命でもあります。この使命に対して、責任を持って最高の歯科医療を提供させていただきますので、どうぞご安心ください。

2003.9.28日曜日
最近、夜になると、獅子舞を練習する鐘と太鼓の音が風にのって聞こえてきます。岡沢歯科のありますここ三木町は、獅子舞の盛んな町としても有名です。昨夜は、三木運動総合公園で三木町中の獅子が集まって、壮大な獅子舞フェスタが開かれました。
あの、独特のリズムを聞くと、自然に体が動き出し、心もうきうきしてきます。
サンバのリズムもそうですが、ああいう単調なリズムと人間の鼓動とか躍動感とかは何か関係があるのでしょうか?
落ち込みそうな時には、あのリズムを聞くといいかもしれません。
岡沢歯科は、西は公渕公園、東はグランドカントリー、南は虹の滝、北は広々とした田園、こうした自然環境に包まれ、四季折々の季節をダイレクトに感じることが出来ます。また、地元の方たちが こうして伝統を守り続けて下さるおかげで、日々の生活の中で季節を感じながら歯科医療を続けることが出来ています。
三木町の人と環境に感謝です!

2003.9.27土曜日
岡沢歯科の院長は、スポーツが大好きです。
若い頃はテニスで少し名が知られていましたが、今は、ゴルフにはまっています。明日もコンペがあるそうで、少しそわそわしています。
歯科医という職業は、とても細かい作業を要求されます。歯の神経はとても細く、ミスが許されませんから 気を付けて治療をしていきます。もちろん、それ以外の治療にも神経を使うということは言うまでもありません。
また、強いライトを当てて治療をしていきますから、目がとても疲れます。
患者さんが痛そうにしてないか、苦しそうでないかと、常に様子を伺いながら治療をしていきますから気も使います。
そこで、院長の常日頃の自己管理が大切になってきます。院長は、自分の心身の管理のために毎日汗を流すことが大切だと考えているようです。今は、大好きなゴルフの練習を兼ねて打ちっぱなしと素振りで汗を流す毎日です。
歯科医は心と体を常に良い状態に保っていないと良い治療はできません。ですから、この努力は歯科医となってこの方25年ずっと続いていますし、歯科医を続けるうちはずっと続いていくことでしょう。
私たち岡沢歯科のスタッフもそれをサポートしていきたいと思います。

2003.9.26金曜日
夕方、岡沢歯科に、5歳の男の子が、お父さんと一緒に治療に来ました。待合室で、二人が話しています。「泣くなよ。一人でがんばれよ。出来るだろ。」と、お父さん。「うん。」と、返事する男の子。
名前が呼ばれました。男の子が、一人で診療室に入っていきます。お父さんは、待合室の方で新聞を読んでいます。わりと、長い時間が経過しました。スタッフも、男の子の緊張をほぐそうと話し掛けます。「お菓子は何が好き?」「幼稚園は何組さん?」
治療が終わりました。男の子は、急いで出て行きました。
「きちんと、治療が出来てすごいね。」受付で声をかけました。すると、すごくうれしそうな顔でにこっと誇らしげに笑ったのは、お父さんでした。
男同士の約束を聞いていた私は、思わず微笑んでしまいました。

2003.9.25木曜日
岡沢歯科には、kids&mamaクラブという、子どもとおかあさんを対象にしたクラブがあります。歯みがき指導はもちろん、歯の啓蒙を兼ねたお話会、指サック歯ブラシや、フッ素洗口用具等の歯に関するグッズの紹介、歯を丈夫にする”かむかむクッキング”の紹介等をしています。kids&mamaクラブにご関心のある方は、いつでもご連絡ください。メールでもお電話でも結構です。
今日は、お菓子作りの得意なスタッフが、”ビタミンEたっぷり、簡単ゴマゴマクッキー”を作って来てくれ、早速 医院で試食会。少しモッコリした感じに仕上がっているので、噛む力もつきそうです。このお菓子のレシピは受付にあります。お知らせまで。
ところで、最近の子どもたちは、あまり固いものを食べないので、あごが小さくなって、歯並びにも随分影響しているようです。また、噛むことと肥満、噛むことと記憶力の関係も注目されています。気をつけないといけませんね。
これからもkids&mamaクラブを情報たっぷり、楽しみたっぷりにしていきたいと思います。
どうぞ、お楽しみに!

2003.9.24水曜日
21世紀には情報化社会が到来すると聞いたことがありますが、私もインターネットの世界に足を踏み入れて、そのことを強く実感しています。
ホームページを開くと、情報の山。メールでいつでも情報交換。100年前の人がタイムマシンで今の時代にやってきたら、驚いて目を回すでしょう。
でも、便利さの反面、自分というもの、自分のポリシーや、価値観を持っていないと、情報に振り回されてあせるばかりになりそうです。
とは言うものの、科学の進歩のおかげで、こんなにスピーディーでエキサイティングな毎日を送れるのですから、やはりこんな情報化社会を作ってくださった方々に感謝!です。

2003.9.23火曜日
私の好きな100円ショップがあります。数ある100円ショップの中でも、ここが好きな理由は整理整頓がきちんとされていて、とても清潔感があること、商品がわかりやすく置いてあること、店員の対応が親切であることです。
これは、お店のサービス精神の表れであると思うのです。
サービスといえば、儲け主義であるとか、売りつけようとする戦略であるとか とかく軽く見られがちですが、私は違うと思うのです。
それは、経営者のお客に対する愛の表れだと思うのです。愛だなんていうと、少しきざっぽく聞こえますが、お客を大切に思ってくれている心だと思うのです。
経営者は自分のお店においてある商品に自信をもってお客に提供してくれています。その商品をひとつでも多くお客に紹介してあげたい、使っていただきたいと思っていることでしょう。その心が愛の心だと思うのです。
これは、歯科医院にもいえることです。患者さんに喜んでいただける歯科医療を提供したい、患者さんの悩み苦しみを少しでも早く取ってあげたいと思いながら、岡沢歯科では歯科医療の仕事に取り組んでいます。
「仕事と愛」わたしの好きな言葉です。

2003.9.22月曜日
台風の為、一日延びた運動会。今日、無事に済みました。
1年ぶりに見る子供たちの成長に、驚きと感動を覚えます。
今年から、新しい競技「孫といっしょに」というのが始まりました。小学校の低学年以下のお子さんと、おじいさん、おばあさんが一緒にゴールを目指して走ります。フープの中に入って走るのですが、最近のおじいさん、おばあさんは、お元気で さあっと走ってしまいます。
皆さん 健康を考えて、日頃から歩いたり、水泳をしたりして体を鍛えていらっしゃるそうです。 
こういう世代を超えて楽しめる微笑ましい競技が増えるといいな!と思いました。

2003.9.21日曜日
岡沢歯科では、訪問診療を行っています。
歯の診療は、歯科医院へ行かないとできない?そんなことはありません。通院できない患者さん宅へ出向いて、歯科医師が行う義歯修理などの訪問診療は健康保険で受けられます。
口腔機能は高齢者の健康、審美性、社会性などQOL(生活の質)に大きく影響します。
口腔衛生の改善が肺炎や生活習慣病の予防になるだけではありません。病的な状態で放置したままでの口腔のセルフケアは、炎症歯肉からの菌血症、敗血症などの重大な全身症状の発生につながる可能性もあります。
歯の喪失を防ぐため
歯のない人は入れ歯で噛み、十分な栄養と水分とエネルギーを得るため
人前で気をつかわずに笑えて話し、痴呆や寝たきり、床ずれを防ぐため
肺炎の予防のため
どんなささいなことでも、岡沢歯科にご相談ください。

2003.9.20土曜日
写真は正直!
カメラで人を写すと、幸福な人は幸福に、不幸な人は不幸に写ります。どんなに、外見を取り繕っても なぜか内面が出てしまうから不思議です。不思議どころか残酷でもあります。
カメラというものは、被写体のエネルギーを写し出す技術を備えているのでしょうか?カメラで写し出されたものを「真を写す」と書きますが、被写体の真の部分が出てしまうみたいです。
心境の悪いときに撮られた写真には、見るも無残な自分が写っています。
だから逆に考えて、自分の心境をチェックするのに 時々自分を写してみるといいですね。
ちょっとした発見です。

2003.9.19金曜日
人は、それぞれ その人固有の課題を抱えていると思います。その問題に早く気づき、解決すべく努力し、良い結果を出していくことは とても大切なことです。このプロセスを経て、人は一回り成長すると思うのです。
でも、また、次の課題がやってきます。ここでも、その課題に気づき、努力し、結果を出していく。この作業は、私たちが生きている限り、ずうっと続いていくような気がします。
「人生は1冊の問題集である」と聞いたことがあります。ある問題を解き、その応用問題を解き、そのパターンを習得したら、別な問題に挑戦してみる。それも、最初は ごく簡単な基本問題から。やがて、応用問題に。
学生であれば、紙の上の問題で済みますが、社会人となればそうはいきません。
人格の向上を目指して、次から次へとやってくる問題に挑戦していくわけです。
そこに人間として生きる最大の喜びがあるのかもしれません。
秋の夜長に ふと こんなことを考えました。
2003.9.18木曜日
今年は、三木町の1歳半の歯科検診を岡沢歯科の院長が担当しています。
担当の保健婦さんによると、@3歳までのむし歯になっている子供の数は減少した。A仕上げ磨きが出来ている子と出来ていない子で大差がある。Bおやつの与え方に問題があるのでは?とのことです。
そこで、岡沢歯科のkids&mamaクラブでは、子供の歯の健康を考えた、体にいいおやつを取り上げてみようと思います。スタッフで、色々なおやつのメニューを考えて、皆様に提供していきたいと思っておりますのでお楽しみに!
また、乳幼児の歯の健康を考えた歯みがきグッズも随時ご紹介していきたいと思っております。
お子様の大切な歯を皆で守っていきましょう。

2003.9.17水曜日
このところ、一日の中身がとっても濃い日々が続いています。一言でいうと、忙しいということです。でも、今日、ふと気がつきました。自分自身がとても充実しているのです。精神的にも疲れていないし、体も元気です。
これは、物事に優先順位を付けて生活できるようになったからだと思うのです。何が今の自分にとって大切なことであるのかが、冷静に判断出来るようになったのです。
その上で、8割2割の法則であるところの「パレートの法則」をもとに、物事を処理することが出来始めたのではないかと思うのです。この法則は2割の時間で8割の仕事がなされていることに気づいたイタリアの経済学者パレートの説ですが、これを駆使すると、「マルチ人間も夢じゃない!」と、私は思っています。
一日がもっと長ければいいのにと思うのは私だけではないと思いますが、24時間しか与えられていないのであれば、長さよりも質に挑戦するしかありません。
明日もどんな一日になるのか楽しみです。おやすみなさい。zzz

2003.9.16火曜日
先週の火曜日に始めた生活飲料水のモニター、ちょうど、1週間が経ちました。1週間分の水量ということで設置した水でしたが、たった2日で飲み尽くしてしまいました。
我が家は、水分をかなり取る家庭なのでしょうか?自分たちも驚いています。でも、こんなにあっという間に飲んでしまったということは、やはりお水がおいしかったからでしょう。
特に、子供たちは正直です。おいしいものが好きで、おいしくないものは嫌い。とってもわかりやすいですね。
ということで、これからもしばらく飲み続けることになりました。
「水も滴るいい家庭」になりそうです。

2003.9.15月曜日
今日は「敬老の日」です。
歯科医師会では、8020運動をしています。80歳で20本の歯を残すことを目標に歯の手入れや治療をしていく運動です。
実際、歯の数が少なくなって困っているお年寄りの方がたくさんいらっしゃいます。人間にとって、食べることは大きな楽しみです。でも、歯がなかったり、入れ歯が合ってなくて噛むのがとても痛かったり、歯周病にかかっていて歯茎が痛かったりすると、食べることが楽しみどころか苦痛になってしまいます。
食事が取れないと、体調も思わしくなくなり そうなると不安になり、物事をマイナスに考えがちになって老化も進んでいきます。
入れ歯の調整はご遠慮なく、納得のいくまで通ってください。また、定期検診で歯石を取ったり、虫歯を早期に治療したり、正しいブラッシングの仕方を学んだりして、出来るだけ良い状態を長く保って充実した人生を送ってください。
また、若い方も「80歳で20本」を目標に歯を大切にしてください。
その為に、岡沢歯科では、歯科医もスタッフも出来る限りのお手伝いをさせていただきます。皆が幸せな長寿社会を目指してがんばりましょう!

2003.9.14日曜日
海に捨てられたプラスチックの網が、珊瑚を傷付け あざらしをからませ 海の生き物に多くの害を与えている。海に捨てられたプラスチック製品を、アホウドリが えさと間違えて取っていきヒナに食べさせて、多くのヒナが死んでいる。
こんなショッキングな映像をテレビで見ました。
心ない人間が捨てたものが、小さな生き物たちを苦しめている。悲しいことです。
「何かの犠牲の上に成り立った幸せは長くは続かない」こんな言葉を聞いたことがあります。このプラスチック類は、海の生態系を狂わせ、回りまわって人間にとって不都合なことを引き起こしてしまいます。
プラスチックはとても便利な素材です。決してプラスチックが悪いわけではありません。どう使うかが問題なのです。要は、使う側の人間の心が問われているのです。
もっと真剣に取り組んでいかないといけない!深く反省しました。

2003.9.13土曜日
今日は、人との出会いについてスタッフと話が弾みました。もっと正直にいうと、「どうすれば理想の男性に出会えるか?」ということです。
そうして、結論から先に言うと「理想の男性にふさわしい女性になるべく自分を磨いていく心がけが大切」ということに落ち着きました。
あんな人がいい、こんな人がいいといっても そんな人に出会ったとしても、話が合わず、話題についていくことが出来ないようでは素通りに終わってしまいます。やはり、そういうチャンスに備えて、常日頃から教養を身に付け、笑顔を忘れず、心を磨き、言葉使いに気をつけ素敵な女性を目指して生きていく、その姿勢が大切ですよね。
ある歯科の雑誌に、歯科衛生士とか歯科助手という仕事は、女性として自分を向上させる最高の仕事だと書いてありました。お年寄りから子供まで幅広い年齢の方と接し、お世話をし、話し相手をし、笑顔を絶やさず、歯科医師からの指示を的確にこなし、技工士や業者の方との受け答えをスムーズにし、スタッフ同士のチームワークを大切にし、なおかつ自分の能力を高めていく、こんな素晴らしい職業はなかなかないと。
私も,うちのスタッフを見てその通りだと思います。
願わくば、岡沢歯科で働けば、女性として 人間として成長出来ると言われる、そういう理想の職場でありたいものです。

2003.9.12金曜日
正しく思うことが出来るための3つのポイントは@素直さA自助努力B謙虚さだそうです。
素直に人の意見を聞き、あきらめることなく努力し、少しの成果に慢心することなく、自分はまだまだ未熟であると謙虚に己を磨き続ける人こそ、最高の実りを手に入れることができるのだそうです。
このポイントを併せ持つ人たちを私は知っています。そう、偉人伝に出てくる人たちです。
私は偉人伝にハマルのがとても遅く、30歳になってからでした。30歳台の私は、それこそむさぼるように古今東西の偉人伝を読みあさりました。そして、自分の未熟さと無知さと根気の無さを嫌というほど思い知らされました。と同時に、もっと早く知っていれば、どんなによかったかと残念に思いました。
偉人伝は宝の宝庫です。先人たちの知恵が、夜空に輝く星のごとくきらめいています。
是非、読んでみてください。そして、偉人たちの足跡である、歴史の壮大な大スペタクルを味わってみてください。きっと、自分の中の何かが変わると思います。

2003.9.11木曜日
夕方、大きな虹が出ました。東の空いっぱいに大きく弧を描いて、輝いていました。
神様は、時々私たちに美しいものを見せて下さいます。真に美しい物とはどういうものであるのかを私たちに教えるために。
人工的なものが何もない時代には、自然の中に美を感ずる感性がとても豊かであったことでしょう。それを画家はキャンバスに描き、それを音楽家は音に表し芸術なる物が育っていったのかもしれません。
最近、自然の中に存在する美しい物に目が行くようになりました。綺麗!と感動する心が戻りつつあるようです。この心は、確か遠い昔、私がまだ幼い頃に味わったことのある感覚です。懐かしいけど、新しい不思議な感覚。しばらく、この感覚を楽しみたいと思います。

2003.9.10水曜日
丁度、1週間前からホワイトニングを始めていらっしゃる方がいます。毎日、毎日、鏡を見ながら白くなっていく歯のチェックをされているそうです。個人差があるので、一概には言えませんが、もう そろそろ満足のいく結果が出るのではないでしょうか?明日、歯の状態のチェックにお見えになります。
ところで、ホワイトニングといえば、歯だけでなく、お顔の方も美白が流行していますね。
日本人は黄色人種ゆえに白いものに憧れるのでしょうか?
最近の若い女性は、みなさんとても綺麗です!お肌が白くて、まつげが長くて、おまけにきれいにカールしてあって。
ところで、私の行き付けのエステサロンでは、まつげパーマを2000円でしてくれます。まつげが、くるんと上を向いて素敵です。
ご参考までに、サロンの名前は「リアー」TEL087-862-2066,高松市木太町にあります。
是非、一度、お試しを!

2003.9.9火曜日
今日から1週間、某メーカーの水を生活飲料水として試すモニターになりました。
この春、水道水を1日2リットル飲んで一ヶ月半で5キロのダイエットに成功し(ただし、今はそんなに飲んでいませんが)、水のすごさを知ってしまった私ですが、さすがに水道水を毎日飲むことに抵抗を感じ出しまして、丁度その頃、このモニター募集の案内を頂いたわけです。
社会問題になっている細菌やダイオキシンを完全除去という説明を読むと、なぜかすごく安心して飲めるから 人間の心理とは不思議なものです。この水、飲んでも大丈夫かなあ?と不安を感じながら飲むのとは比べものにならないほどの効果がありそうです。体の3分の2を占める水の質が変わっていって体中が浄化されていくみたい!
「体の老化を防いでくれる」なんて言葉を見つけると、うれしくなってきます。
これって言葉の創化力っていうのでしょうか?
1週間後の感想をまたご報告します。お楽しみに。

2003.9.8月曜日
今日は、うちのホームページのリンク先でもある「イングリッシュガーデン、レールサクレ」に行ってきました。ランチを始めましたとのお知らせを頂いたからです。「Kデザイン」というデサイン事務所を経営している友人が一緒でした。不思議なことに、「レールサクレ」のオーナーと「Kデザイン」のご主人には共通の友人がいて、そこの仕事を、お互い顔を合わすことはないものの 別々にやっていたようです。まさに、人生に偶然はないのですね。今日、会うべくして会ったわけです。
ところで、ランチですが、メニューも増えて(以前はスコーンと紅茶だけでしたが)来るのが楽しみです。火曜日が定休日で、それ以外は いつでもOKです。お客様に ゆったりくつろいで頂きたいとのオーナーの配慮から、子供さんは入れません。
岡沢歯科から車で5分もかかりません。是非 一度 足を運んで見てください。

2003.9.7日曜日
またまた今月のラッキーセブンの日がやってきました。
8月7日にも書きましたが、7のつく日に思うことは、不思議と必ず成就するのです。先月の7日には、ホームページが出来上がり「皆さんに読んでもらえたらうれしいな!」と思ったのですが、少しずつファンの方が出来てきて、「読んでますよー!」というお返事を頂けるようになりました。感激してます。「風の便り」がんばって続けますので、これからも読んでくださいね。
ところで、今日は、他所のホームページを見させてもらってたのですが、「ストップ 自殺!」という言葉が飛び込んできました。何でも、年間3万人の方が自殺をしているそうなのです。それを見かねたお坊さんが、「駆け込み寺」というページを開き、悩みに対してひとつずつ回答をしているのです。葬式仏教と言われている汚名を返上したく心あるお坊さんたちが運営しているものでした。
素晴らしいなと思います。救いたい人が救われたい人を救い、救われた人が また 人を救いして、世の中が救いたい人であふれたら、きっと仏様も喜ばれる極楽浄土がこの世に展開することでしょう。
今回は、ちょっとスケールの大きいことなので、すぐにこうなるとは言えませんが、いつか この願いは成就すると信じています。

2003.9.6土曜日
今日は、私の友人に、とってもうれしいことがありました。
そのことを、彼女がメールで知らせてきてくれました。そのメールを読んで、私に彼女のうれしさが伝わってきて、思わず涙がこぼれました。心の底から「よかったね。おめでとう!」という思いが湧いてきました。
なぜなら、私は彼女の長い間の苦しみと、努力を知っているからです。彼女は、めげませんでした。いつも、どうしてこうなるのかと原因を探り、反省を重ねていました。たとえ、人から誤解を受けようと、自分のペースを崩さず、かつ、人の言葉には謙虚に耳を傾けていました。
その彼女の努力が、実を結んだのです。どんなにうれしかったことか。
彼女は言います。「まだまだこれからが大切。着々と進んで行かねば。」
彼女は、かつて苦しい時期に深く自分を見つめ たくさんの良い種を撒いてきました。
そしてこれから、その種が芽を出し 成長し たくさんの良い結果を出すことでしょう。
そうなるように、私も心から祈ってます。

2003.9.5金曜日
「笑顔」には不思議な力がありますね。笑顔の素敵な人に出会うと疲れも吹き飛んでしまいます。
今日の私は、とてもハードな一日を送っておりました。夕方、医院に帰ると「おかえりなさあい!」元気のよい声とかわいい笑顔のスタッフが迎えてくれました。その笑顔のかわいいこと。いとおしくなってきます。そして、急にやる気が湧いてきました。
「何か困ったことなかった?」
「パソコンがおかしくなって困りました。だけど、材料屋さんに直してもらいました。」
「あっそう、よかった よかった」
何気ない会話ですが、心が通い合っています。ふと(こんな空間があって幸せだな!)と思いました。
そして、思いました。私も、人を幸せにしてあげる「笑顔」を持ちたいなと。

2003.9.4木曜日
今日は木曜日で午後から休診です。そこで、岡沢歯科の待合室が急きょサロンに早変わり。スタッフ皆が「リフレクソロジー」を体験しました。
「リフレクソロジー」って何かご存知ですか?私も正確には知りませんが、何でも足の裏を刺激することで、リンパの流れと血液の循環をよくし、体を活性化していく足裏マッサージだそうです。そのマッサージにラベンダーとか、カモミールとかの香油を使うので、気持ちをリラックスさせてくれたりします。
一通りのマッサージが終わった時の皆の感想は「うーん、気持ちいいー!」
今、こういうのが大ブームだそうで、全国各地に色んな「リフレクソロジー」があるそうです。
日本全体、閉塞感に包まれて ストレスだらけの今だから、癒し系が大流行。でも、実際受けてみると 癖になりそうな気持ちの良さでした。

2003.9.3水曜日
「月に見られている!」ちょうど30分ほど前、こんな不思議な感覚を覚えました。
窓の外に、大きなオレンジ色の月が姿を現したのです。
「お天とさまが見ているよ」この言葉はよく聞きます。だから「お月様が見ているよ」と言われても、ちっともおかしくありません。
月は女性を表し、優美さと優雅さの象徴だとか。月に見られても恥ずかしくない心で過ごせているかしら?私の心をちょっと覗かれた気がします。
優しい気持ちと美しい心を持つ大和なでしこ。このモデルは、日本武尊の妻であった弟橘媛であるといわれています。彼女はきっと月と会話し、優雅な時間を過ごしていたのでしょう。
昼間は忙しく過ごしても、月の出ている夜だけは 優美な心で月を眺めてみたいものです。


2003.9.2火曜日
今晩、夜空にオレンジ色に輝く火星を見つけました。約57000年ぶりの大接近とのことで、一度はこの目で見ておきたかったので大満足。
芥川龍之介の箴言集に、「火星」という有名な一章があります。
「火星の住民の有無を問うことは我々の五感に感ずることの出来る住民の有無を問うことである。しかし生命は必ずしも我々の五感に感ずることの出来る条件を具えるとは限っていない。もし火星の住民も我々の五感を超越した存在を保っているとすれば、彼らの一群は今夜もまたスズカケを黄ばませる秋風と共に銀座へ来ているかもしれないのである」
我々人間は五感を頼りに生きているけれども、五感以外の感覚で生きている存在もあるのかも。そして、それらは私たち人間と当たり前のようにして共存しているのかも。
やはり、星の世界は神秘です。


2003.9.1月曜日
今日、うちの子供が歯の治療をしました。この子は、大変な怖がりで、虫歯があるとわかっていながら なかなか治療に踏み切る勇気が出なくて 今日 一大決心をして治療台に上がったのです。
怖くてたまらないので、一つ一つ先生に聞いています。「これは何をする器具か?」「今から何をするのか?」「どういう方法でするのか」「どのぐらいの時間がかかるのか」
側で聞いているとおかしくなります。
やっと納得がいったようで、それからは騒ぐこともなく治療が進みました。
が、ふっと思いました。これがインフォームドコンセンスだと。不安を抱えていらっしゃる患者さんが納得のいくまで質問に答えてあげて、患者さんと歯科医師が信頼関係を築いた上で治療に取り掛かる。
医師の「鎌田實」さん・・・この方は地域医療に力を注ぐお医者様で「あきらめない」などの本も出されている方ですが、この方がおっしゃっていました。−優しくなければ医療じゃないーと。
今日は医療の基本に触れた気がしました。

過去ログ  風の便り

ホワイトニングリンク 診療案内リンク お問い合わせリンク 風の便りリンク リンクページリンク トップリンク


Copyright(C)2003岡沢歯科医院all rights reserved.