ホワイトニングリンク 診療案内リンク お問い合わせリンク 風の便りリンク リンクページリンク トップリンク
風の便り

過去ログ 風の便り
岡沢歯科医院スタッフのフローレンスさんからの”風の便り”です。
♪ 歌う歯科医師・岡沢昭宏のブログもご覧くださいね。

2006.5.30(火)
ちょっと気になるジェームス・ブラント
ドラマ「小早川伸木の恋」の挿入歌になっていた「ユア ビューティフル」を歌うのがジェームス・ブラント。
独特で繊細な声を持つ彼はどんな人?
彼はですねえ、なんと、もとイギリス陸軍の近衛騎兵連隊に所属する軍人でありまして、キャプテンのランクにも昇格し、NATO平和維持部隊として紛争地帯のコソボにも赴いた経験を持つ1974年生まれのイギリスのミュージシャンだったんです。
アコースティック感溢れる柔らかいメロディーと切なくも力強い声が全世界を優しく包み込むというキャッチフレーズでCDが売られていますが、まさにその通り。
彼の声を聞きたい方は、ぜひ聴いてみてください。試聴できますよ。
http://wmg.jp/artist/jamesblunt/

2006.5.28(日)
院長、ライブで歌う!
昨夜、5月27日の夜、院長行きつけのライブハウス”海人”でライブを見てきました。
詳しくは、ブログ歌う歯科医師:岡沢昭宏の5月29日に書いてありますので、どうぞご覧ください。
フローレンスは友達と参加。
実は"海人”のライブで歌う院長を見るのは今回が初めて。
他の会場での院長は、何度か見てきましたが・・・
土曜日の会場”海人”は超超超満員。
フローレンス+友達は驚きました!
男の人たちが、次から次へと まるで子供のように楽器を手に嬉々としてやってくるではありませんか!
この日は多分夜中まで延々と演奏が続いたことでしょう。
フローレンスたちは11時ごろ帰りましたが・・・
素敵な土曜の夜でした。
来月のライブも行かなくっちゃ!

2006.5.27(土)
噛み合わせの大切さ
5月の初旬に、足が痛く、肩が凝るという女性の方がお見えになりました。
整体に通っていたけど、いっこうに良くならず、整体の先生に先に歯を治すようにいわれたそうです。
噛みあわせをチェックして、調整したところとても楽になられました。
で、先日、旅行に行って坂道をたくさん上り下りしたそうですが、全然足も痛くなくて、肩も凝らず、快適な旅をすることが出来ましたと大喜びでした。
噛み合せはとても大切だと日頃院長が申しておりますが、その通りでした。ハイ!

2006.5.25(木)
時間管理について
■通勤時間の重さ
  本の紹介 【通勤電車で寝てはいけない!】久恒啓一
              考えてすごす人と、無意識に過ごす人
久恒さんは、通勤時間にその日の仕事のシミュレーションをしたり、本を読んだりと
有効活用。また、座って通勤することにこだわっていたから、早朝電車に乗り、会社に早く着くからそれを利用して「前業」をしたり、新聞、その他の情報を整理したり・・・朝時間をフルに活用してきた方。
通勤時間、片道1時間とすると、年間約500時間(往復2時間x250)を無意識に流れる時間にするか、未来を切り開く意識時間にするか。
どちらを選ぶのも自由ですが、その先の人生が大きく異なることだけは、確かですね。
        参考:メルマガ・we book of the dayより

■1時間の重さ
1週間は24時間×7で168時間、 私たちの1週間の可処分時間は、睡眠時間などを差し引くとおよそ100時間。
ということは、1時間は、1週間の1%にあたります。
もし、1日3時間TVを見る習慣のある方なら 1週間で21時間をTVに費やしているわけで、これは、100時間のうちの5分の1にあたります。
TV番組の内容にもよりますが、これを多いと見るかどうかは人それぞれ。
時間制したものが人生に勝つ!とは極言でしょうが、人生80年とみると持分は700800時間。
1時間の積み重ねが人の一生。
今からの1時間が、自分にとって有意義である1時間になるかならないかは自分次第。
この時間の貴重さに気づいた人と気づかなかった人との差は明らかですね。
       参考: メルマガ・平成進化論より

2006.5.22(月)
自治体の工夫
宮城県が今後4年間で2000億円超の赤字が見込まれる為、県職員の官舎を大量に売却する方針を打ち出したそうです。(19日の朝日朝刊による)
仙台市中心部に近い官舎が3DKで家賃月額9940円で、長く問題視されていたそうですが、やっと重い腰を上げたようです。
家族用住宅7棟と知事公舎を含む7棟を売却すると、売却益は10億にも上るそうです。

また、ある地方自治体では、町村合併の為、使用しなくなった議会の会議場を映画館として活用し、地元の活性化に貢献することになったそうです。
スクリーンを設置するだけで映画館に早代わり。ほとんどコストがかからない上に、多くの住民が楽しめて、本当によいアイデアですね♪

民間が創意工夫を重ねている昨今、自治体も頑張らなくっちゃ!

2006.5.21(日)
頭でっかちの現代人
現代人はたくさんの勉強をし、知識を豊富に持ち、情報をたくさんゲットし、とても物知りになっています。
が、感じる力が衰えている傾向があるそうです。
人間の持つ本能の力が薄れてきているのか残念なことです。
人間は本来、その本能の力を使って 多くのことを成し遂げる可能性を持っていると思うのですが、これが発揮出来ないとなると国民的いや世界的損失は大!
ですから、大人も子供も早急に”感じる力”を取り戻す訓練をしないといけません。
それには、感動する経験を増やし、感じる力を取り戻すことが大切。
読書でも、映画鑑賞でも、芸術鑑賞でも、自然散策でも、スポーツ観戦でも、なんでもいいから感動する場所、空間に身を置き、感動する心を磨いていくこと。
あなたは最近、感動して涙を流したことがありますか?
悔し涙や悲しい涙はいっぱい流したって?
もっともっと感性を磨いて、あなたも感動の涙を流してください。
自分が思っている以上のピュアな自分を感じ、足元の小さな出来事にも感動する心を取り戻すことが出来ると思いますよ。
そうなると、毎日が感動の連続の素晴らしい人生になりますよ、きっと!

2006.5.20(土)
ものは考えよう!
■ある二人のビジネスマンがアフリカに靴をセールスに行きました。
アフリカに着いてビックリ!
現地の人は靴をはいていないのです。だって、彼らには靴をはく習慣がないのだから・・・
そこで、A社員は会社に報告「ビジネスチャンスはありません。彼らには靴を履く習慣がありませんから。」
ところがB社員は反対の報告「すごいビジネスチャンスです。彼らに靴を履く習慣をつけてあげたら、すごい市場になります。」
これ有名なお話ですね。

■これに似たお話をゲットしました。
近江の商人のお話。
彼らは、峠を越えて商売をしていました。
二人の商人が峠を歩いていました。
一人が言いました。「もっと峠が低ければ楽に商売できるのに・・・」
もう片方の商人が言いました。「もっと峠が高ければいい。なぜなら峠が高ければ高いほど、皆が峠を越えての商売を諦めてくれる。だから峠の向こうで商売が出来るのは俺だけになる」

2006.5.19(金)
かづきれいこ講演会の整理券、ただ今キャンセル待ちです。
6月4日(日)香川県木田郡歯科医師会が企画しました”歯の衛生週間行事”「かづきれいこ講演会・顔と心と体について」ですが、さすが かづき人気!あっという間に整理券がなくなりました。
お問い合わせ頂いている皆様、申し訳ありません。
キャンセルが出次第、ご連絡いたします。
毎年、お子様対象のこの行事ですが、今年は30歳〜50歳代の女性が対象。
中年(熟年?)女性の皆様には、大変好評で、「私たち、こんな歯の衛生週間の行事を待ってました」という感想も頂いております。
皆様に、色々な形で歯の啓蒙に取り組むことが歯科医師の務めだと、岡沢歯科院長は申しております。
この講演会を通して、一人でも多くの方が、歯の大切さ、8020運動の重要性に目覚めて頂ければ幸いです。

2006.5.16(火)
自転車こぎ運動
夜、DVD「ミスター&ミセス・スミス」を観ながらリビングで自転車こぎ運動を1時間もしてしまいました。
話の展開にあわせて、こちらもヒートアップ!気が付いたら汗だく!
これ、運動不足のフローレンスには最高のマシーンです。

受付業務って、椅子に座っている時間が長いじゃありませんか。そうなると必然的に前かがみの姿勢になってしまいます。
気がつけば、姿勢を正すようにはしていますが、最近猫背気味。
事務仕事を長年している友人をみても、かなりの確立で猫背の人が多し!
猫背だけならいいけど、その背中にお肉がもっこり付いてくるみたいなんです。

ミセス夫人役のアンジェリーナ・ジョリーの美しい姿勢、綺麗な背中を見て、明日も自転車こぎ運動をやろう!と決意したフローレンスでした。(そのためには、DVDをまたレンタルしなくちゃ!)


2006.5.15(月)
職業の道楽化
フローレンスのお気に入りメルマガ”平成進化論”は、皆さんに何度もご紹介していますが、今日配信の平成進化論は「職業の道楽化」でした。

(平成進化論はまぐまぐの人気ナンバーワンのメルマガで、15万人の読者登録をキープしています。というか、どんどんその数が伸びていってます。
これを発行する鮒谷さんという方は、メルマガを使って会社の倒産、失業からたったの2年で立ち上がった人です。会社の倒産と言っても世界最大級の情報通信関連会社の倒産ですから、その会社で得た経験が今に生かされているのかも知れませんが・・・)

この鮒谷さんとフローレンス、割と読書の好みが似通っております。

で、今日紹介されていたのが本多静六さんの「私の財産告白」です。

本多静六(1866-1952)は、林学が専門の東大教授でありながら、独自の蓄財法と人生哲学をもって、一代で巨額の財産を築くことに成功した人物です。成功者は、さらに他人も成功させるために余力を割く必要があるという思想を持ち、それを社会的責務とし、収入の1/4を出資や寄付などに充てよととしているところなど、まさにノブレスオビリッジの精神をお持ちでした。

その本多静六さんが
  富も、名誉も、美衣美食も、職業道楽の愉快さには
  比(ひ)すべくもない。
  道楽化を言い換えて、芸術化、趣味化、娯楽化、遊戯化、スポーツ化、
  もしくは享楽化等々、それはなんと呼んでもよろしい。
  すべての人が、おのおのその職業、その仕事に、
  全身全力を打ち込んでかかり、
  日々のつとめが面白くてたまらぬというところまでくれば、
  それが立派な職業の道楽化である。

  いわゆる三昧境(ざんまいきょう)である」
ではどうすれば、そんなふうになれるのか。

 この本の中には、「職業を道楽化する方法はただひとつ、勉強」であると
 断言されています。

本多静六さんは、東大に入学した後の最初の試験でさんざんな点を取り、親に顔向けが出来ないと、井戸に飛び込んで自殺を図りましたが、その頑丈な体が井戸にひっかかり死ぬことが出来ませんでした。
その時、先生に「死んだ気になって勉強してみてはどうか?」と励まされ、それから勉強につぐ勉強を重ね、学者として、また富豪としても名声を得ました。

フローレンスも受付業務をさせて頂いておりますが、本当にやりがいがあって、面白いお仕事です。「よく続くね!」と人に言われるのですが、やればやるほど勉強することが出来てきて、本当に充実した毎日を送ることができています。

これを「三昧境」というのですね。こういう心境になれたこと、有難いです!


2006.5.14(日)
前歯を最初に磨く人はナルシスト?!
5月23日発売の週刊誌”女性自身”によれば、前歯を最初に磨く人はナルシストなんだそうです。(行動心理学研究家・宇井美智子説)
あなたは歯を磨く時、どこから磨きますか?
これは、隠れナルシスト度がわかるテストだそうで、
@前歯から磨く人・・・人の顔の中でも、前歯はとくに人に見せることを意識する場所。そこを真っ先に磨くということは、人一倍自分が大切で、しかも自意識過剰な人に多い行動で、外見にこだわる性格。
A奥歯から磨く人・・・少し自分に自信がないタイプ。身だしなみにこだわらないところもある。
ということです。どうですか?当たってますか?
普通、前歯か奥歯から磨くものだと思うのですよね?人は自意識過剰な人か 自分に自信がない人かの2種類しかないのではなくて、普通の人もいると思うのですが、そういう人は前歯から数えて3番か4番あたりから磨き始めるのでしょうか?
ちょっと突っ込みを入れたくなるフローレンスでした。

2006.5.13(土)
かづきれいこ講演会の整理券、順調に伸びています。
最近、告知の成果が出始めたようで、講演会の整理券がどんどん出ています。
関心はあるけど、まだ問い合わせしてない!って方がいらっしゃいましたら、お早めにお電話くださいね。残りが少なくなってますよ〜
岡沢歯科:087-898-2200

2006.5.10(水)
魔の32時間、フローレンスの「歯痛地獄からの生還記録!」
土曜から痛み始めた奥歯。今では痛みも取れましたが、皆さんの参考になるかと思い、土曜日からの経過をご報告いたしまーす♪

<歯痛一日目>
■土曜日昼、歯が痛いので院長に診てもらいました。ジスロマック(抗生物質)を一日一回と消炎鎮痛剤を飲むように言われました。
このジスロマックという抗生物質は歯医者さんでよく出されるお薬ですが、とってもよいお薬で、一日一回、三日間続けて飲むと一週間効果があります。ジスロマックの説明はこちらをどうぞ↓
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2000/2000_06_07.html
■それまでは、「痛いな」程度の歯痛だったのに、土曜日の夕方、食事中に激痛が走り、歯痛爆発!こんなに痛いの久しぶり!(ここから魔の32時間が始まるのです。)
痛みが和らぐどころかどんどんひどくなっていく〜
院長にレーザーを当ててもらったりしたけど、一時は楽になるも時間が経てばますます痛みはひどくなるばかり。
フローレンスの人生で、こんな歯の痛さ、経験なし!
ただし、職業柄、「歯が痛くて寝れなかったんです」と顔を腫らせて窓口にお見えになる患者さんはたくさん見てきてます。「患者さんのつらさ、わかってあげてなかったなあー」としみじみ思いました。

■土曜の深夜、「もう、がまんできなーい!」と思ったけど、これは始まりに過ぎなかった・・・ジスロマックはまだ一回飲んだだけ。効果が出るはずもなし!鎮痛剤を飲むと、しばらくは痛みがましになるけど、薬が切れるとひどい痛み。でも、まだ鎮痛剤が効いてるだけよかった・・・この後、鎮痛剤も効かないひどい痛みになってくるとは・・・トホホ

<歯痛二日目>
■「顔が腫れてるみたい!」と言われて鏡を見ると、確かに左側が腫れてる!
どうせ日曜だから寝てたら時間も経過して楽になるだろうと思って患部を冷やして寝てた。もう、噛むことも出来なくて昼食はバナナを一口。それからジスロマックと消炎鎮痛剤を飲んでしばらくすると目の奥から喉までガンガン痛くなる。もう泣いちゃおうか!こんな時子供なら泣くんだろうなとふと思う。いや、大人だから泣くわけにはいかない!
■もう地獄!痛みがピークの時は鎮痛剤も効かないと聞いたことはあったけど、本当だ!
院長も患者さんに「2〜3日は痛みがあると思いますがジスロマックが効いてくると楽になりますから」といっていたなあーと思い出す。でも、もう耐えられない!
「痛くてたまらないから、先生歯を抜いてくれ〜」と駆け込んでくる患者さんの気持ちがよくわかるわー「私も歯を抜いてほしい!」
■歯痛二日目の夜がやってきたあー今夜も七転八倒の痛みと戦うのだろうか?さんざん寝たから、もう寝ようたって寝れないし・・・早く時間よ過ぎておくれ〜祈るような気持ちのフローレンスでした。(祈りは得意です)
■夜中、うとうととしてハッと目を覚ますと、奇跡のような事態が!歯が痛くない!なぜ?あれだけ痛んだ歯なのに。「薬が効いてきたんだ!だから、言っただろ、薬が効くまではつらいけど我慢するしかないんだと」と院長のお言葉。本当にその通り。「歯が痛くなくて幸せ〜」と叫んだフローレンスでした。

<歯痛三日目>
■おそるおそる目を覚ますと、やっぱり歯は痛くない!夢じゃなかったんだ、本当なんだ!
嬉しさがこみ上げてきました。そのくらい激痛の歯痛の32時間を過ごしていたわけです。魔の32時間とでもいいましょうか?ジスロマックは後一日分残っています。だから、きちんとお昼に最後のジスロマック2錠を飲みました。

<その後>
歯は痛くありません♪でも、もう少しして落ち着いてきたら治療を開始するそうです。今まで、受付で患者さんの訴えをお聞きすることがよくありましたが、今のフローレンスは心の底から患者さんの訴えを聞いてあげることができます。院長にも「こんな経験をすると、人の痛みがよーくわかるようになるから、よい経験になった」といわれております。ハイ!その通りです。

2006.5.8(月)
トホホな体験
土曜日から急に奥歯が痛み出しました。
といっても、何日か前から歯が浮いたりして前兆はあったのですが、放っておいたら自然に治るというパターンを繰り返しておりました。
が、ついに土曜の夕飯時に爆発!
こんな痛さ何年ぶりだろう?
フローレンスの記憶では、確か20年ぶり!
じっとしてられない痛さ!ガンガン脈打つ痛さ!目から顎までイ・タ・イ!
いつもはおしゃべりなフローレンスがしゃべれない・・・
薬を飲んで痛みを抑えてからの治療と相成りましたが、この痛さ半端じゃないですよ。
皆さん、くれぐれも歯だけは気をつけてくださいね。

2006.5.7(日)
日本人に人気の偉人は「織田信長」でした。
某TVで、日本人に人気の偉人は誰か?という統計をとった番組がありました。
それで1位が織田信長だったのですが、フローレンスは坂本竜馬の方が人気があるのかと思っておりましたので、ちょっと意外。
坂本竜馬は日本に夢とロマンを与えた方ですし、日本を洗濯せにゃいかんと!頑張った方ですし・・・
やはり上位にあったのが松下幸之助。この方の言葉に「うちの会社は、人間を作るところです。ついでに電気製品も作っています。」というのがありましたが、さすが松下幸之助さん!と感動しました。

2006.5.5(金)
有言実行の亀田兄弟、二人そろって勝ちました!
5月5日は亀田の日というキャッチフレーズをふと思い出し、TVを付けてみましたら、やっていましたボクシング。
子供の日にちなんで、親子席や女性ファンのために女性席まで用意されて、少しボクシングのイメージが変わりつつありますね。
長男、次男ともにKO勝ちであっさりと終わりましたが、これは有言実行型のこの二人の努力の賜物。
それに加えてトレーナーの父親の信念と3男を加えての強い兄弟愛が底辺に流れているのを強く感じました。
タイガーウッズの父親といい(つい最近ガンで亡くなられましたが・・・・)、イチローの父親といい、宮里藍ちゃんの父親といい、亀田さん兄弟の父親といい、全くもって素晴らしい!
5月5日の亀田兄弟の試合はここをクリック↓
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/kameda_koki/

過去ログ 風の便り

ホワイトニングリンク 診療案内リンク お問い合わせリンク 風の便りリンク リンクページリンク トップリンク


Copyright(C)2003岡沢歯科医院all rights reserved.